MXを使ってコーディング

Pangea temporary hotfixes here

コードについて考える。コードを極める。

Masterシリーズによってワークフローを開始し、コードの最後の行を書くまでフローを継続することができます。反応が良い、満足できるタイピング、1,000行/秒のスクロール速度、および複数マシンを今まで以上にシームレスに実行できる、Flowによるパソコン間コントロール*でワークフローを極めましょう。

完璧なキーストローク – あらゆる照明に対応

指先の自然な形状に合ったくぼんだPerfect Strokeキーでコードをビルド。キーの安定性の増加によりノイズが減少する一方、反応性と手の配置用の触角基準を最適化することで、簡単に正しい位置を保持し、フローを継続することができます。

手を近づけるとバックライトキーが点灯し、変化する照明条件に合わせて自動的に調節されます。

1秒間に1,000行のコードをスクロール

MX Master 3の電磁気MagSpeedホイールは、標準的なマウスのスクロールホイールよりも最大90%高速電磁気スクロールホイールのない標準的なロジクールマウスとの比較なので、1秒間に1,000行のコードを簡単にスクロールすることができます。ホイールの機械加工されたスチールは優れた触知性と十分な重量を提供し、触知できる動的な慣性を実現します。

MX Master 3 MAGSPEEDスクロールホイールの前面図

無数の構成の可能性。および集計

Chrome™内でシングルタップして要素を検証、またはコードのビルド中にクリックして素早く検索を実行。MX Master 3によって、アプリごとに各ボタンを構成することができます – 以前は不可能だった方法で、その機能を拡張することができます*

事前定義されたアクションのリストから各ボタンを構成するか、またはLogicool Optionsソフトウェア内で任意のショートカットをカスタムで割り当てます。Optionsでは、MX Keysで、特定の機能またはカスタムショートカット用にFキーを割り当てることもできます。

MXは複数のマシンを1台のマウスとキーボードから実行します

複数のマシンを1台のマウスとキーボードから実行*

MX Master 3とMX Keysを使って、複数のパソコンをコントロールし、画面の端にカーソルを移動させてパソコンを切り替えます。マウスとキーボードは、Windows®とmacOSオペレーティングシステム間でも流れるように移動します。

テキストやファイルをネットワークを介して転送 – 1台のパソコン上でコピーし、もう1台に貼り付けるだけです。

快適なコーディング

MX Master 3は手のひらの形状に合わせて完璧に作られた輪郭で成形されています。MX Keysは、大型キーボードの安定性とサポートを、薄型ファイルのフォームファクターで提供します。

オプションの取り外し可能なパームレストアクセサリーをMX Keysに追加しましょう。サポートをお好きな位置に配置することができます。

MX for Codingの上面図

耐久性の高い構造品質

良質の素材、バランスの取れたデザイン、および非常に丈夫な構造により、デスクでの集中力と自信が高まります。

MX Keysは1,000万回のキーストローク寿命をテストされ、評価済みであり標準キー - 1,000万回、ファンクションキー - 500万回、MX Master 3は最大1,000万回のクリック耐性があります。