記事

リモートワーカーのための3つのヒント

シンプルなリモートワーク エチケットによって、より優秀な従業員になる

自宅から仕事ができることは、単なる職場の特典ではありません。リモートワークは、予期しない出来事が発生した時に、ビジネス継続性を確保するために不可欠になることがよくあります。 気を散らすものがない作業空間のセットアップに加えて、リモートワーカーは、ホームオフィスのシナリオに固有の以下のエチケットのヒントを覚えておく必要があります。

ビデオ会議のためにノートパソコン上部に取り付けられたロジクールBrioウェブカメラ

エチケットのヒント1:コミュニケーションが最重要

あなたのリストの1番目、2番目、3番目、そして20番目の項目も、同僚や上司との優れたコミュニケーションを維持することになります。これにより、臨時のオフィスコラボレーションセッションの途中で頻繁に発展する細かい作業にうまく対処することができます。ただし、あなたがリモート環境にいて、他の従業員が現地にいる場合、歩調を合わせるのが難しくなる場合があります。

コミュニケーションにおける誤解を防ぎ、あなたの意見が伝わるようにするために、「不確かな場合は尋ねる」アプローチを取りましょう。これによって、チームメートが通常より長い間静かになった場合、または電子メールのコメントが何かを暗示しているように見える場合に、最悪の事態を想定するのを避けることができます。 

このような潜在的問題によって、できる限り明瞭にコミュニケーションを行うことがいかに重要であるかが分かります。これは、あなたは通常、コミュニケーションの雰囲気を作る非言語シグナルの見えない環境にいるためです。ユーモアを駆使した思い付きの意見や試みは誤解されやすく、文字の通信はすべて慎重に表現することが極めて重要です。 こうした理由から、オーディオ会議またはビデオ会議を通したコミュニケーションは、誤解を減らし、仕事上の関係を強化するため、非常に重要です。

 

エチケットのヒント2:テクノロジーを理解する

就業日中に使用する必要があるテクノロジーに自信を持ち、精通していることは、リモートから働く時は特に重要です。テレワークでは、即座の作業スペースでのサポートを現場の技術者に求めることはできません。また、基本的な技術的質問を尋ねることで同僚の作業を邪魔することにも躊躇するでしょう。

リモート従業員としてあなたは、ビデオ会議のプラットフォームと機器に慣れておくことが特に重要です。Google Hangouts Meet、Microsoft Teams、およびZoomなどの製品は、直観的に使用でき、ビデオチャットセッションを簡単に開始して、同僚と接続してコラボレーションを行うことができます。品質の高い、使いやすいハードウェアも役立つことがあります。設定がカスタマイズ可能なウェブカメラ、高いフレームレート、および自動ライト補正ソフトウェアによって、設定を手動で調節する必要がなくなり、ビデオ会議がより簡単かつ楽しくなります。

ヘッドセットは、使い慣れておくべきもう1つのツールです。ヘッドセットによってオーディオ品質が改善され、背景雑音が排除されるため、考えを明確に共有して、気を散らすものなく他者の意見を聞くことができます。ワイヤレスのBluetooth対応ヘッドセットを使うと、自由に移動することができ、自宅のデスクまたは地元のカフェからのビデオ会議に最適です。 

定期的に使用するテクノロジーの詳細を学ぶことは、リモートワークのエチケットの重要な要素ですが、リモートから作業することで、問題が発生した時にサポートを受けられない訳ではありません。リモートのテクニカルサポートは多少制限されている場合がありますが(ITワーカーがあなたのパソコンを物理的に操作できないなど)、ほとんどの技術的問題は、リモートからでも、現場の場合と同様に簡単に解決できるようになっています。リモートで解決できない技術的問題についてテレワーカーをサポートするために、一部の企業は、リモートで働く従業員を支援できる地元の修理店や技術サポートプロバイダーと提携しています。

 

エチケットのヒント3:同僚と交流しましょう

ホームオフィスの椅子に座り、電子メールを開いて1日が開始したら、何かいつもと違うことに気づくかもしれません。耳を傾けても、家の音しか聞こえません。廊下からのささやく声、ランダムに鳴る電話、または自分の作業スペースのノック音などはもはやありません。気を散らすものなく1人で過ごせますが、仕事に集中し続け、会社の文化の一部になることができる、同僚との社会的インタラクションのメリットもありません。

結果として、あなたが完了した作業を他者に見てもらい、適切な評価を受けることは、時に難しくなります。この問題を克服するために、上司と共に、提出物と、あなたの責務と一致する評価基準を作ります。これによって目標を達成した時や、目標を上回った時が明確になります。

同僚とのしっかりと結びついた社会的関係を維持することもまた、リモートワーカーにとって難しいタスクです。さらに難しいことは、初めて一緒に作業をしている同僚との新しい関係を築くことです。リモートから同僚に対して打ち解けることは気詰まりに感じるかもしれませんが、これは簡単かつ確実に行うことができます。就業日中に時間を作り、一緒に作業をしている同僚に、調子はどうですかと尋ねます。物理的に近くにいる場合は、同僚をランチまたはカフェでのコラボレーションセッションに誘ってみましょう。社会的なつながりを、こうした簡単な行動から始められることに驚くでしょう。 

就業日中、あなたがサポートが必要なことを同僚に知らせ、必要に応じて、あなたも彼らを支援できるように、いつでも応じられるように準備しておきます。これによって、同僚があなたの「瞬時の説明責任パートナー」になり、あなたが順調に物事を進めていない、または重要な締め切りに間に合わない可能性がある時に、あなたに警告することができます。またこれによって、上司とチームメンバー両方に対して、あなたの貢献がより明確になります。

チームから除外されていると感じた場合は、ビデオ会議がつながるのに役立ちます。今日の軽量で使いやすいビデオ会議ソリューションには、アプリベースのコミュニケーションオプションがあるため、スマートフォンやタブレットおよびパソコンから電話をかけて会議に参加することができます。ビデオチャットを使って同僚と仮想ランチをとることもできます。これらのオプションによって、同僚と社会的につながり続けることができ、最終的に、双方の生産性が強化されます。 

 

リモートワーク エチケットを改善することで自分の立場を強化する

最終的に、リモートワーク エチケットの基本は、簡単な心遣いと几帳面さに行き着きます。あなたは、社会的レベルで関与し続けながら、同僚と上司とのコミュニケーションチャネルを常に開いている必要があります。生産の評価基準はあなたの職務と一致している必要があり、あなたと上司は、あなたの立場を常に簡単に決定できる必要があります。すべての技術的ツールを自由に利用し、これらのツールの理解を深めることで、リモートワークの生活がより生産的かつやりがいがあるものになります。

テレワークの傾向が増加するにつれ、従業員、マネージャー、および会社のポリシーは、リモートワーカーのニーズにより同調し、ニーズの統合とサポートにより熟達するようになります。一方、思慮に富んだリモートワーク エチケットによって、このプロセスはより迅速かつ簡単になり、あなたは他者の視界に入り、チームの貴重なメンバーであり続けることができます。

推奨製品

ロジクールBRIO Ultra HD Proウェブカメラ
Brio

ビデオ会議、ストリーミング、および録画用Ultra HDウェブカメラ

ロジクールZone Wirelessヘッドセット
ZONE WIRELESS

音響環境をコントロールし、オープンな作業空間で仕事を遂行するために設計されたワイヤレスBluetoothヘッドセット。

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクール ビデオ会議製品の詳細をご覧ください

 ビジネス環境で実行。