記事

在宅勤務時に、ビデオで自分の姿をクリアに表示するためのヒント

会議で常に見栄えを良くする方法

ロジクール製品を使ってビデオ会議に参加している女性

「第一印象にチャンスは二度目はない」“You don’t get a second chance to make a first impression.”という有名な言葉があります。幸い、この名言は真実というよりただの決まり文句のようです。ビデオ会議に参加するたびに、素晴らしい印象を与えるチャンスはあります。以下は、これを行うためのヒントです。

 

会議参加者のためのヒント

まず、ビジュアルから開始しましょう。ビデオで好印象を与えるには、照明とフレーミングが重要です。ビデオ会議で、背景の照明が明るいために、逆光で影になっている人を見たことはありませんか? あるいは、会議中ずっと誰かの額に向かって話しかけていたことはありませんか? それは気まずいかもしれません。

 

照明をつけましょう! 

外付けウェブカメラとは異なり、ノートPCとPCモニターに搭載されているカメラは、通常、微光や強いコントラストを処理するように設計されていません。しかし、高品質のウェブカメラを利用できない場合でも、それを有利に生かすことはできます。手始めに、周囲の明るさが十分確保されていること、自分がPCのカメラの方向に向いていること、背景が明るく照らされていないことを確認します。

カメラを自分の方に向け、窓から少し離れた上で窓に向かって撮影することは、窓を背にして撮影するよりもずっと良い方法です。どうしても背景に窓がある場合は、カーテンやブラインドを閉めて逆光を減らすことを検討してください。

 

カメラを回して!

目の高さまたはわずかに上にカメラを設置すると、ずっと見栄えが良くなります。「経鼻内視鏡」を見る喜びがあるか、と言えば何を意味するかが分かるでしょう。ウェブカメラをお持ちの場合は、通常はPCモニターの上に設置するのが最適です。ノートPCを使っている場合は、目の高さになるよう、何冊か本を重ねた上に設置してみてください。スマートフォンを使う必要がある場合は、手で持ったままにはせず、目の前にあるものに立てかけ置くことが好まれるでしょう。これは確実に効果的です。

場所も重要です。気が散るような背景は、あなたや話している内容への注意が逸れる可能性があります。可能な限り、整頓された背景の前にいるようにしましょう。壁に背を向けるのが良い解決方法です。背景の置き換え機能は人気があり楽しい代替手段ですが、画像が適切にレンダリングされない場合、他の人の気を散らす可能性があります。

 

カット! 芝刈り業者を呼んだのは誰?

最後に、犬の鳴き声と、隣の家の芝刈り機の騒音について話しましょう。背景の音を調整できる場合もありますが、他の会議出席者が雑音に集中してしまうことは間違いありません。

専用のヘッドセットは大きな違いをもたらします – これはあなただけのメリットではありません。音声品質は改善し、マイクが周辺の雑音を低減します。

もちろん、静かな場所を見つけることが理想的ですが、多少の妨害は避けられません。したがって、自分が話していない時はミュートにすることが最善です。また、騒々しい隣人、自宅の犬の鳴き声など、妨害の可能性について、あらかじめ同僚に伝えておくことも役立ちます。

既に持っているものを使って作業をする必要がある場合、スマートフォンに付属されているものを含め、ヘッドセットを使用することは、周囲にすべて聞こえてしまうスピーカーフォンよりも適切です。

 

IT向けのヒント

IT部門への私たちからの最善のアドバイスは、コミュニケーションとトレーニングです。上記のようなベストプラクティスを共有することで、ビデオ会議での相手への伝わり方を考えたことのなかったエンドユーザーを教育することができます。これは、ビデオ会議に慣れていない従業員に特に当てはまります。少し教育することで、従業員の会議を改善し、IT部門へのサポートリクエストを減らすことにとても効果があります。

それ以外に、ビデオ会議専用に設計されたウェブカメラとヘッドセットを用意することを検討しましょう:

  • HD解像度と光を自動調整する機能を備えた高品質のウェブカメラは、光が弱かったり、コントラストが強すぎる環境での会議を大幅に改善することができます。

  • ヘッドセットを装着している人だけでなく、会議の参加者にとってもサウンドが改善されます。全員に自分の声が届いていることを覚えておいてください。

オフィスでの勤務から在宅勤務への突然の移動により、エンドユーザーの多くは、ノートPCに搭載されたカメラとマイクを利用しています。しかし、IT部門は、在宅勤務の指示が延長されるにつれ、ユーザーは高品質のビデオ会議ツールを要求し始めることを予測する必要があります。このような事態について今から計画を立てることで、先手を打つことができます。

 

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクール ビデオ会議製品の詳細をご覧ください

 ビジネス環境で実行。