記事

教育者のための3つの遠隔教育のヒント

遠隔教育を成功させるためのベストプラクティス

ロジクールビデオ会議製品を使った遠隔学習のグラフィック表現

生徒が直接通学できない場合、教育者は、家庭環境からでも学習プログラムを実践できるよう迅速に拡張する必要があります。教師が遠隔教育に適応するための3つのヒントをご確認ください。

 

1. ビデオを使って生徒を関与させる

遠隔での指導における最大の課題の1つは、授業中に生徒がの興味を引き続けるために、生徒とのつながりをつくることです。ビデオは、この視覚的なつながりを作るための最適なツールです。可能であれば、専用のウェブカメラとヘッドセットまたはマイクを使うことで、生徒に教師の姿が明確に表示され、声がクリアに伝わります。

ライブのビデオ通話でも録画されたでも、生徒が簡単にアクセスできるようにする必要があります。Google Hangouts、Microsoft TeamsおよびZoomなどのビデオ会議プラットフォームを使用することで、プレゼンテーション、ビデオ、音声、チャットをしながら生徒と対話することができます。

気が散るものを制限することで、できるだけ教室の様子を真似るようにします。メールやメッセージングなどの授業で利用しないアプリケーションはすべて閉じ、生徒にも同様のことを求めます。ライブビデオ中に遮るものがあり、中断が発生した場合でも、素早く先に進めてください。

これらのヒントを参考にすることで、質の高い授業をビデオ配信で提供することができます。

 

2.プレゼンテーションやコンテンツを共有できるようにする

可能な限り、事前に授業のスクリプトを準備して、実際の教室の環境を再現することで、本来の授業の継続性を感じられるようにしましょう。ライブでの授業の場合は、質問や中断を考慮して、必要な時間よりも多くの時間を確保してください。ホワイトボード、模型またはその他の物理的な学習ツールを使う必要がある場合は、事前に2台目のウェブカメラを設置し、共有用として使うことを検討してください。

録画されたビデオの授業では、短く要点をまとめます。ファイル、録画またはコースワークは、授業と一緒に、または授業直後にすぐ共有できるよう準備をしておくことで、生徒の興味を引き付けることができます。

ロジクールCaptureは、授業を録画し共有することができる、無料の使いやすいソフトウェアです。Captureを使って、パーソナル ビデオやプレゼンテーションを同じウィンドウで共有することができます。生徒にコンテンツを配信する際役立つ、これらのヒントをチェックしてみてください。

 

3.生徒を参加しやすくする

授業は、参加しやすく、理解しやすいものではなければなりません。授業への招待や、使用予定のツールの説明を事前に共有することで、生徒の準備への手助けとなります。開始が遅れないように、予定時間の前に、ツールのテストを行うよう生徒に促します。

適切な学習環境は違いをもたらします。できるだけ気を散らすものを排除することや、メモを取るスペースを確保するよう促します。スマートフォンを使用しない、ビデオの使用中は食事をしないなど、物理的な教室のルールに従うよう、生徒に求めましょう。

授業後には、授業の録画やコースワークなどの参考資料を見つけやすくアクセスしやすいようにします。また、多くのビデオツールでは、授業後にアンケートをとることもできます。これは、生徒の参加度を測定し、貴重なフィードバックを得るための優れた方法となります。

推奨製品

Logicool Spotlightプレゼンテーションリモコン
Spotlightプレゼンテーションリモコン

高度なデジタルポインターと振動アラート付きタイマー搭載。

ロジクールC930eビジネスウェブカメラ
C930eビジネスウェブカメラ

広い視野とデジタルズームを装備する1080pウェブカメラ。

BluetoothヘッドセットZone Wireless
Zone Wireless

卓越したサウンド、はじいてミュートにできるマイク、およびQiワイヤレス充電を装備したBluetoothヘッドセット。

あらゆるスペース向けのビデオ会議。

ロジクール ビデオ会議製品の詳細をご覧ください

 ビジネス環境で実行。